大人のカロリミットは日本初の脂肪と糖の吸収を抑えつつ、脂肪を代謝してくれる食前に飲む機能性サプリメントとして大注目されています。

大人のカロリミットには、食前の何分前に飲まなければいけないという決まりは特にありません。

ただ、食前の何分前に飲むとより効果が感じやすいという、メーカー推奨のタイミングがあるようです。

飲んでみたという人の中には、体重が増えなくなった、お通じが良くなったと口コミしている人がいる一方で、全然効果が出ないという人もいます。

機能性食品だから効果の現れ方に個人差があるものですが、効果が現れた人と、効果が感じられなかった人にはそれぞれ共通点があります。

それは、大人のカロリミットを食前の何分前に飲んでいるか、が大きな鍵を握っているようです。

大人のカロリミットの飲み方は食前?食後?何分前?どれが正解?

大人のカロリミットを飲むのは、食前であれば何分前でも良いという訳ではありません。

それでは、食前の何分前が一番効果的なのでしょうか。

大人のカロリミットは、1日1回(4粒)食前の20分?30分前に飲むことが推奨されています。

なぜならば、糖の吸収を制限してくれるインドのギムネマシルベスタというハーブに含まれるギムネマ酸は、小腸で糖が吸収される所にフタをすることで、ブドウ糖の吸収を阻止するのですが、ギムネマ酸が小腸に行き渡るのが、服用してから、およそ20分程度だと言われているからです。

糖の吸収を防いでくれる成分が、体の中で十分に効果が発揮できる状態になってから食事をすることがポイントになるのです。

効果が現れなかった人は、食前ではなく寝る前に飲んでいたり、食前なら何分前でもいいと思って、食事のタイミングで一緒に飲んでいたりと、大人のカロリミットが体の中で力を発揮する準備が整ってないうちに食事をしてしまっていたことが、効果が出なかった原因の一つでした。

大人のカロリミットを飲み忘れたら食後に飲んでも効果なし?

大人のカロリミットは食前に飲むことが推奨されていることは分かっても、毎日継続して飲むとなると、つい飲み忘れてしまったり、旅行中や外食の時に、食事の時間から逆算して何分前に飲むなんてなかなか難しかったりしますよね。

どうしても食前の20分?30分前に飲むことが難しい時には、食事の直前や、食後に飲んでも全く効果がない訳ではありません。

大人のカロリミットは脂肪や糖が吸収されるのを抑えるために、事前に飲んで、体の中で有効成分が働きかけてくれるところがポイントですが、食後に飲んでも糖や脂肪が吸収されるのを制限することはできます。

でも、空腹時に食事をしていると体の消化吸収スピードも早いため、食後に飲んでも有効成分が働き出すまでに吸収されてしまう可能性も高いので注意が必要です。

日常的に食後に飲んだり、食事の直前に飲むことを習慣にしていたりしたら、せっかくの糖質制限の機能が効果的に発揮されないので、日常的に飲むのは食前の何分前と自分で決めたルールに従って習慣化させてくださいね。

大人のカロリミットを毎日飲んで、痩せ体質に!?

大人のカロリミットは、日本初で脂肪と糖の吸収を抑えるのに加えて、体の代謝をあげて脂肪を燃焼してくれる効果もあります。

従来のカロリミットと大きく違うポイントでもありますが、カロリミットは気になる食事の前に飲めば良かったので、毎日飲む必要はありませんでした。

大人のカロリミットはブラックジンジャーが配合されていて、毎日継続して飲むことで、年齢に従って落ちてしまった代謝能力を上げてくれます。

ブラックジンジャーは血管を柔らかくして血行を良くしてくれる働きがあります。でも、一時的に血行が良くなっても根本的に代謝能力が上がったとは言えませんよね。

毎日飲むことで、体も血の巡りがスムーズで代謝が良い状態がデフォルトとして設定されるようになるんです。

年齢とともに、脂肪が落ちにくくなったなと言うあなたも、大人のカロリミットで根本的に体質改善することができます。

大切なのは「飲むタイミング」と「毎日継続する」ことだと言うことを覚えておいてくださいね。