大人のカロリミット 授乳中
授乳中に大人のカロリミットを飲むことは、安全なのでしょうか?

妊娠中は、安静にしていることが多いので、身体の代謝が悪くなりやすいです。

また、赤ちゃんの為に栄養を摂るので、太りやすいですよね。

出産を終えて、赤ちゃんが生まれたはずなのに、なかなか妊娠前の体重に戻らない人も多いのではないでしょうか。

そして、出産後の止まらない食欲・・
「元の体重に戻そう!」「痩せよう!」

しかし、赤ちゃんのお世話をしていると毎日忙しいので、なかなか自分にかける時間が持てず、痩せるのが難しいですよね。

そんな時、飲むだけで脂肪の代謝をアップする大人のカロリミットを飲みたくなりますが、授乳中はどうなのでしょうか?

授乳中に大人のカロリミットを飲んで良いの?

授乳中は、大人のカロリミットを飲まないようにしましょう。

FANCL(ファンケル)の公式ページを見ると、妊娠中や授乳乳の方は飲まないでくださいとの記載があります。

しかし、大人のカロリミットは、合成着色料や香料、保存料は全く入っていないので、安全なイメージがありますよね。

大人のカロリミットを授乳中に飲んではいけない理由は何でしょうか?

大人のカロリミットが授乳中にダメな理由とは?

大人のカロリミットの成分から、ダメな理由を勝手に推測してみました。

大人のカロリミットは、糖や脂肪の吸収を抑える成分が入っているので、授乳中の人が飲むと、母乳から赤ちゃんに、必要な栄養を与えることができなくなってしまいます。

例えば、ギムネマ酸です。

ギムネマ酸は、糖の吸収を抑える力がありますが、鉄分の吸収も抑えてしまいます。

鉄分も糖も、授乳中に特に摂るべき栄養素ですよね。ですので、授乳中にギムネマ酸を摂ることは避けた方が良いでしょう。

また、桑の葉やキトサンには食物繊維が含まれていますので、人によってはお腹を下してしまう可能性もあります。

一例をあげて、授乳中に大人のカロリミットを飲んではいけない理由を推測してみましたが・・・

調べても、この成分は絶対にダメ!というような、ハッキリした記載はあまり無いのです。

そもそも、サプリメントは「妊娠中・授乳中の人は飲まないでください」との記載が多いですよね。

なぜなのでしょうか?

なぜ妊娠中・授乳中はサプリメントを飲んではダメなの?

妊娠中や授乳中に、サプリメントを飲んではいけない理由は、ハッキリした根拠や実験に基づいてはないけれど、何かあってからでは大変なので、授乳中は控えてくださいね、という意味のようです。

大人のカロリミットも同様です。

サプリメントは、成分、含量も多種多様で、毎日色々なものが発売されています。

使われている成分の全てを、妊娠中や授乳中の女性に対して、実験や試験をすることは困難です。

女性や赤ちゃんに、万が一のことがあってからでは遅いです。倫理に反します。

妊娠中や授乳中、飲むことを推奨されているサプリメントも沢山あります。

サプリメントに表示されている注意事項を守るようにしましょうね

・お薬なら?
例えば、食品ではなく、お薬であれば、国内外様々な研究や科学的な根拠と実験から、授乳中には適さないお薬、安全に飲めるお薬と分けられています。

また、日々、情報が更新されています。

ちなみに、授乳中にお薬を飲んだ場合、多くのお薬は、お薬の成分が母乳に影響してしまいますが、その量はとても少ないと言われています。

お薬に関しては、医師や薬剤師などに相談してから、飲んでくださいね。

授乳中は、お母さんが摂った成分が、母乳を通して赤ちゃんも摂ってしまうので、いつもより注意が必要ですね。

また、授乳中は、栄養バランスに気を付けて、いつもより多くの栄養を取らなければいけません。

痩せたいと思う気持ちも、代謝を上げたいという思いも、同じ女性として見習いたいですが、まずは、赤ちゃんに十分な栄養を与えることを優先して、断乳をしてから、大人のカロリミットを飲むようにしましょう。