カロバイプラス 食後
カロバイプラスは胃の中に食べ物がない状態の朝に起きてすぐ飲む、朝食を食べる30分前に摂取することで、成分をしっかりと吸収されることでダイエット効果を発揮することができます。

ですが、まだ飲み始めた頃はカロバイプラスを摂取することが習慣づいておらず、ついうっかり飲み忘れてしてしまうこともありますよね…

カロバイプラスを朝食前に飲むのを忘れてしまったら、食後に飲んでも効果はあるのでしょうか?

食後は絶対NG!

カロバイプラスを朝食前に飲むのを忘れてしまい、食後に飲み忘れしていたことを気づいてしまっても食後に飲んでも効果はありません。

カロバイプラスは胃の中に何かが入っている状態で飲んでも、成分がきちんと吸収することができず、効果は半減してしまいます。

ほとんど吸収されることなく、そのまま排出してしまうので、カロバイプラスを飲んでいる意味がほとんどなくなってしまいますよね。

しかし、食後にカロバイプラスを飲んではいけないのであれば、もし飲み忘れてしまった場合はどのタイミングでカロバイプラスを摂取すればいいのでしょうか?

飲み忘れた場合は食前の30分前に摂取

もし朝食を食べる30分前にカロバイプラスを摂取するのを忘れたとしても、食後に摂取してはいけません。

朝に飲み忘れてしまった場合は、昼食を食べる30分前に摂取してください。

昼食を食べる前も忘れてしまった場合は夕食を食べる30分前に飲むようにしましょう。

できるだけ早い食事のタイミングで摂取するのがベストではありますが、必ず食事を食べる30分前に摂取するようにしてください。

食事をする直前に飲んでも、カロバイプラスの成分が全て吸収されるまでに時間がかかるので、どの食事のタイミングに摂取するにしても、必ず食前30分前に摂取するようにしてくださいね。

飲み忘れを防ぐためにも

カロバイプラスは食後に飲んでも効果はないですし、昼食や夕食を食べる30分前に摂取したとしても、朝食を食べる30分前に比べると効果は落ちてしまいます。

カロバイプラスでダイエットを成功させるために大事なのは、毎日朝食を食べる30分前に摂取するために飲み忘れを防ぐことです。

それでは飲み忘れを防ぐためにはどうすればいいのでしょうか?

1番良い方法としては、朝起きて目がつくところにカロバイプラスを置いておくことです。

また、朝起きてほとんどの方はまず水を飲みますよね。

その水の近くにカロバイプラスを置いておけば、飲み忘れしてしまうことはないので、自分が習慣づけやすいように意識してカロバイプラスを続けてくださいね。

カロバイプラスで効果的に痩せるためにも

カロバイプラスで効果的に痩せるためにも、いくつかポイントを押さえておくことが大事です。

飲み忘れをしないように必ず朝食を食べる30分前に摂取する、水やぬるま湯で飲む、毎日飲むとポイントといってもこれだけをやっておけば、誰でも簡単に痩せることができます。

また、さらに効果的に痩せたいのであれば、運動も取り入れてみるようにしましょう。

本格的に何時間も厳しいトレーニングをしなくても、カロバイプラスを摂取していれば、軽い運動だけでも基礎代謝を上げることができ、無理なく痩せ体質へと変えることができます。

痩せ体質へと改善することができれば、普通量の食事を食べても太ることはなく、美容体型をキープすることができます。

食事制限はずっと続けていられないですし、楽しくダイエットを行うためにもカロバイプラスを使って健康的に痩せましょう。

カロバイプラスは食後に飲んでも効果はほとんどなくなってしまうので、飲むタイミングには気をつけてくださいね。

スッキリボディになるためにもカロバイプラスにサポートしてもらってみてはいかがでしょうか?